08月≪ 09月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2013年を振り返ってみて

2013年を振り返るとタイトル的には確かに豊作。
シリーズタイトルだけでなく
新機軸タイトルも生まれ小売店が「元気」になれたハズなのに
何故かモチベーションは下がりっぱなし。
特にこの年末の悪さ、10年ぶりの最低水準となれば
落ち込むのもやむ終えないでしょう。

1~3月まではタイトルの並びも良かったのですが、
新作が途切れ出した4、5月が青息吐息。
6月Vita「討鬼伝」が頑張ってくれたのですが
まだまだPSP黄金期には達しません。
7月「ドラゴンズクラウン」がいい意味裏切ってくれ
PS3,Vita版両方共に大きく数字を伸ばしました。
9月は「MH4]がモンスターな大活躍。
大いに本体を牽引、そのタイトルの強さを見せつけました。
10月には「ポケモンX・Y」こちらも大活躍。
そして発売時期の年齢層の高さからクリスマス需要期の
小さなお子様へ上手くシフト、モンスターなタイトルは
息長く動いています。
11月にはVita「ゴッドイーター2」でVita本体が
若い男性を中心に牽引。この傾向はバリューパック施策で
中高生のハートを掴んでいる様です。
12月には3DS「パズドラZ」を中心に
「進撃の巨人」「ゼルダの伝説神々2」と大ブレイク。
「3DSタイトル強し」をまざまざと見せつけられました。

2013年はタイトル過不足に悩まされた年でした。
「ない時」と「ある時」との「差」が大きすぎました。
「バランスの悪い年」だったですね。

プロフィール

マーヤ@店長

Author:マーヤ@店長
ゲームショップ
GAMESマーヤ」の店長です。

お客様に向けて!
ゲーム業界に向けて!
お店の事からプライベートな事まで
日々の出来事を綴ります。

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード